肌をきれいにしたい女性たち
肌を気にする女性
肌がきれいな女性たち
笑顔の美人

日本ではインド風のオイルマッサージとして知られるアーユルヴェーダは、インド発祥の伝統医療です。名称は現在もインドの公用語の一つと定められているサンスクリット語に由来し、生命を表すアーユスと知識を表すヴェーダが組み合わさった言葉です。その歴史は5000年ともされており、今もインドやスリランカにおいては伝統的な治療が行われています。このアーユルヴェーダの理論においては、エネルギーのバランスが重視されています。その中でもドーシャとグナのバランスが重視されており、人間が生まれ持つ3つのエネルギーのバランスの乱れが病気の原因とみなされることから、アーユルヴェーダではドーシャのバランスを整えることが重視され、そのための治療が行われるのです。

また、エネルギーのバランスを重んじるアーユルヴェーダでは、万物のエネルギーであるグナも重視されており、それを説明するのがトリ・グナ理論です。これは精神やドーシャに影響するとされる万物のエネルギーであるグナを3種類に分類したもので、喜びをもたらすサットヴァ、情熱と怒りをもたらすラジャス、安定と怠惰をもたらすタマスがあるとされます。これらは体質というよりは精神的な状態に関係するものですが、心身の結びつきもアーユルヴェーダでは無視されません。例えば、純粋性を持つサットヴァが高い状態になると体のエネルギーであるドーシャのバランスが整うとされており、ラジャスやタマスが増えることは怒りや惰性を増長させ、ドーシャのバランスも乱すとされます。

アーユルヴェーダは施術を受ける人の体質に合わせて生薬やハーブオイルを処方する伝統的な医学であり、日本で受けられるオイルマッサージでも、体質に合わせたオイルが用いられる場合があります。同時に伝統医療に由来する施術なので、どのような体質であっても施術を受けることが可能です。また、アーユルヴェーダでは体に毒素が溜まることで、代謝や循環が悪くなることも病気の原因であると考えており、毒素を排出するデトックスも欠かせない概念です。このデトックスは体質改善の観点からも注目すべき点で、生命のエネルギーを整えると同時に、毒素を排出することを健康の維持に役立てることができます。もし、体の不調を感じている場合で、肩こりなど血流の悪さを自覚している時や、便秘やむくみなど老廃物の蓄積が気になる場合には、アーユルヴェーダのマッサージを受けることを考えてみましょう。